こんにちは!

突然ですが、当印刷所の近くには

一級河川である多摩川が流れています。

 

先日多摩川にかかる橋を渡っていた時

何気なく下を見て「おや?」と思いました。

 

川が緑。

すごーく緑。

 

スタッフ2号が知る限り、この辺の水は

空の色が映ったり、深い所だけ緑になったり

大雨の後はカフェオレ色になったりしますが

基本的には無色透明だったはず。

↑普段はこんな感じ。同じ場所です。

 

それがこの日は、絵具を溶いたような

全体にもったりとした緑色。

なんだかとても新鮮でした。

 

増水や空模様、時間帯など様々な条件が

重なってこうなったのでしょうか。

 

ちなみに川や湖が緑色や青色になるのは

周りの景色が映り込むことに加えて

光の拡散(青色系がより拡散される)や

水中の成分(イオン系など)や泥炭などが

関係しているとのことでした。

 

★ ★ ★

 

さて緑色といえば、弊社の社長によると

緑系の印刷は調整がやや難しいそうです。

 

スタッフ2号もパソコンの側で

データをあれこれすることが多いですが

刷ってみて「あれ?」となるのは

やはり緑系が多い気がします。

 

それぞれの機械のクセがあったりして

一筋縄ではいかないこともあるとはいえ

「あれ?」を、できる限り「よし!」に

もっていけるよう日々頑張っています。

 

これからも多摩川にほど近い

「キレイで安い」の三珠印刷を

よろしくお願いいたします!